給湯器につながる水のトラブル

給湯器はお湯が出るのだから、冬でも凍結することはないと思い込んでしまいがちです。しかし、水は0度で凍結することに変わりはありません。気が付いたら使えないといったことも起きてしまいます。大事な時に使えないだけではなく、注意しなければいけないことがいくつも存在します。

■凍結してしまう

凍結してしまうと、お湯は出なくなります。水が流れないのですから当然です。水のトラブルとして供給ができない状態になりますが、水が凍結すると体積は膨張することになるでしょう。管の中にいっぱい水がつまっている状態です。体積が膨張すれば、管も押し出されるようになり、破裂する可能性が出てきます。そうなると、水漏れを起こすことになりますし、給湯器にも供給されません。非常に大きな問題となるでしょう。実際には0度では凍結しないようになっており、メーカーによって誤差はあるもののマイナス4度あたりまでは耐えられるようになっています。それでも、日陰に取り付けられていたりすると、内部の水温が下がってしまう可能性は十分にあるでしょう。

■電源は絶対に抜かない

対策としては、給湯器には凍結防止機能があります。今普及している機種には確実についているといっていいでしょう。電源を抜かないようにすると、ポンプやヒーターが動き出して凍結しないようにしてくれます。光熱費を下げるといった理由で抜く人もいますが、これがもとでもっと大きな修理費用になってしまうのですから、抜かないことが一番です。
もしも凍結した時には、自然解凍を待つしかありません。お湯を掛ける人もいますが、急激な体積変化を与えると、物質は結合力が弱まり、破損する可能性が高まります。当然水漏れを起こす可能性をあげるだけですので、絶対におこなってはいけません。

■まとめ
給湯器には、水のトラブルを防ぐためのさまざまな機能があります。それでもトラブルの危険性が高い場合には、ほんの少しだけでも水が落ちるような状態を作れば、凍結の予防になります。バケツなどで受けておけば、この水も有効に使えるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ