シャワーが出なくなるような水のトラブル

必要な時に使えないというのは、大きなトラブルといっていいでしょう。お風呂でシャワーを使おうとしたら、お湯が出てこないというのも水のトラブルのひとつです。水が出るのにお湯が出ないのか、両方とも出ないのかによって、確認しなければいけない箇所が異なります。

■水が供給されているかどうか

お風呂で水を使う場合、給湯器を通さず水道管がつながっています。この水が出ないとしているのであれば、水道管にトラブルが出ていると考えなければいけません。実際には、給湯器にも水が供給されていないため、お湯も出ない状況となっているはずです。ところが、お湯だけ出るのであれば、かなり珍しいことですが、蛇口に何か詰まっているといった原因が考えられます。自分で修理をして何か詰まらせてしまったようなこともありますし、早急に修理をする必要があるでしょう。

■給湯器側に問題がある可能性

もっと問題なケースは、給湯器に水が供給できていない状態です。止水栓が締められているといったことが考えられますが、凍結しているといった可能性も否定できません。給湯器の種類によっては、エネルギーとなる電気、ガス、石油が供給されているかどうかということも確認しなければいけません。操作ミスがなければ、故障しているということになるでしょう。ほかの箇所の水道が出るのであれば、確実に故障していると考えなければいけません。
給湯器は一般的に10年程度が寿命です。正常に使えたとしても、内部の部品はどんどんと劣化していきます。メーカーとしても部品を生産しなくなってきているため、修理ができない可能性もあるので、給湯器 交換も視野に入れなければいけません。

■まとめ
お湯が使えないだけでも、さまざまな問題が出てきます。修理をしたいとしても、自分でおこなうのは危険です。内燃機関を持っているため、水のトラブルだけの問題とは限らないからです。早めに点検してもらい、交換するべきかどうかを決めてしまうのが一番の対応となるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ